電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

神経症状と外貌醜状の等級認定を目指し、併合11級を取得した事例

  • CASE6
  • 2016年12月27日更新
男性
  • 男性
  • 後遺障害
  • ■後遺障害等級併合11級

ご相談に至った経緯

信号のないT字路交差点において、二輪車で直進進行していた被害者に対し、一時停止規制に従ったものの左右の安全確認を怠った加害車両が交差点に進入してきたため、被害者が転倒した。

ご相談内容

後遺障害認定の可能性を知りたいと、ベリーベストへご相談されました。

ベリーベストの対応とその結果

解決までの道のり

まず、入院先の病院にて出張相談を行う。 さらに、主治医の病状説明に同席し、交通事故と肺血栓の因果関係についての説明を受ける。保険会社担当者に対する病状説明の前に病状説明を受けられたことは、後の交渉で病状をゆがめられるのを防ぐのに役立ったと考えられる。

申請経緯、認定理由等

神経症状については立証が重要であるため、血流障害の有無を調べる検査を行うとともに、サーモグラフィー検査を行い、皮膚温低下を立証することで、神経症状を明らかにした。認定結果は、神経症状で12級13号、外貌醜状で12級、併合11級の認定となった。認定理由は、知覚鈍麻等の症状については、提出の創閉鎖術関連画像から、腓骨神経損傷等によるものと認められたこと(神経症状)、提出の社新庄、てのひらの大きさの3倍程度以上の瘢根を残していると認められたことによる。

解決のポイント

示談交渉のポイント

過失割合について両者の言い分が食い違っていたことから、訴訟提起を行うこととした。

解決のポイント

後遺障害の認定が山場であったので、被害者とともに病院に同行をし、医師に対し必要な検査を行っていただく等の依頼をしたことで、無事に目的とする等級が獲得できた。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

京都オフィスの主なご相談エリア

京都市中京区、京都市北区、京都市上京区、京都市左京区、京都市東山区、京都市山科区、京都市下京区、京都市南区、京都市右京区、京都市西京区、京都市伏見区、福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町、綴喜郡宇治田原町、相楽郡笠置町、相楽郡和束町、相楽郡精華町、相楽郡南山城村船井郡京丹波町、与謝郡伊根町、与謝郡与謝野町にお住まいの方

ページ
トップへ