電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

離婚・男女問題を
京都の弁護士に相談

これから離婚をお考えの方

これから離婚をお考えの方
  • 離婚までに何を準備しておけばいい?
  • 相手の不倫で慰謝料を請求したい。
  • 離婚前の話し合いで決めるべきことは?

現在、別居中で離婚をお考えの方

現在、別居中で離婚をお考えの方
  • 別居中の生活費も請求できる?
  • どのくらいの別居期間で離婚が認められる?
  • 別居中で相手が子どもに会わせてくれない。

離婚調停をお考えの方

離婚調停をお考えの方
  • なかなか離婚の話し合いがまとまらない。
  • 親権や養育費の件でもめている。
  • DVを受けていたので、直接相手と話せない。

離婚後、条件を変更したい方

離婚後、条件を変更したい方
  • 養育費を支払ってくれないので、回収したい。
  • 養育費を減額したい。
  • 離婚後に、不倫の慰謝料を請求することはできる?

不倫や浮気の「慰謝料の請求」でお悩みを抱えている方へ

離婚の流れと種類

calculator

協議離婚

協議離婚とは、話し合いにより離婚手続きを進める方法です。夫婦間で話し合うのが前提ですが、弁護士が間に入ることでトラブルを回避できます。トラブルが既にある場合も、弁護士が間に入り、法的に対応できます。

calculator

調停離婚

調停離婚とは、当事者だけでなく調停委員とともに離婚について協議する方法です。協議離婚ではまとまらなかった場合に、調停委員を挟んで離婚成立を目指します。弁護士が同席することで安心して話が進められます。

calculator

裁判離婚

裁判離婚とは、調停離婚が成立しなかった場合に裁判所の判決で判断してもらい、離婚する方法です。弁護士が代理人となることで、裁判での手続きや主張もスムーズかつ有利に進みます。

解決事例

離婚・男女問題についてよくある質問

弁護士に依頼するメリット

離婚の話し合いが早くまとまる

merit1

弁護士に相談するメリットとしては、まず話し合いがスムーズに進められることが挙げられます。夫婦の話し合いの間に入ることで、お互いにとってより良い離婚方法をまとめることができます。また、離婚では、決めなければいけないこともたくさんあります。子供の親権、養育費、家のローン、財産分与などさまざまなことを決めなければいけません。弁護士であれば、何をどこまで決めればいいのか要点を理解しているため、スムーズに話し合いをまとめることができます。

面倒な離婚手続きも弁護士に任せられる

merit1

面倒な離婚手続きを弁護士に任せられるのもメリットのひとつです。離婚するためには、相手との交渉だけでなく、離婚がなかなかまとまらないときに調停手続きや裁判手続きが必要になります。調停離婚や裁判離婚では、申立書の作成や裁判所とのやりとりがあり、面倒な手続きも行わなければいけません。この点、弁護士が代理人となれば、お客様のご負担を軽減することができます。離婚裁判では、お客様が裁判所に行くこともほとんどありません。
これら以外にも、離婚がなかなか成立せず裁判になった場合は、法律の専門家である弁護士がいれば力強い味方となれるはずです。客観的な話し合いには、専門家の協力が必要です。なかなか離婚できないとお悩みの方は、弁護士にご相談ください。

京都府・京都市内で離婚・男女問題でお悩みの方へ

京都府・京都市内で離婚問題を抱えていらっしゃる方は、ベリーベスト法律事務所京都オフィスまでご相談ください。

「離婚したいが、相手が応じてくれない」、「離婚は決まったが、親権・養育費や財産分与でもめている」、「DVの被害を受けており、相手が怖くて離婚したいと言えない」、「不倫の慰謝料を請求したい」、など、当法律事務所では、さまざまな男女問題に関するお悩みのご相談をお受けしています。これらのご相談に対しては、できる限りそれぞれのご事情に合わせて、アドバイスやサポートをさせていただくよう心がけております。
皆さん思っていらっしゃることは、「できる限り納得のいく形で早く離婚したい」ということです。実際の状況をお伺いしないと、話し合いで解決できるものかどうかは判断できませんが、できるかぎりご希望に添えるような方法で解決できるように努めさせていただきます。
離婚問題はこじれる前に、なるべく早く対処することが肝心です。早めにご相談いただくことでできる対処法も多くなります。なかなか離婚に至らないというケースでは、自分だけで解決しようとせず、専門家の力を借りることもひとつの手です。

離婚成立後も、「養育費が振り込まれない」などトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。
養育費が振り込まれないケースでは、給料を差し押さえるなどの強制執行を行うことで、回収を図ることができます。強制執行を行うためには、「債務名義」が必要となります。「債務名義」とは、養育費に関する取り決めの公正証書や調停調書、裁判所の判決書などのことです。これをもとに、裁判所に申し立てを行うことで元配偶者の給料などの財産を差し押さえることが可能となります。もちろん、穏便に解決したい場合は、強制執行を行う前に、交渉で支払うように促すこともできます。ですが、長期間支払ってもらえないというケースでは、強制執行という手段が必要な場合もありますので、一度弁護士までご相談ください。

ベリーベストでは、それぞれの案件に対して、離婚・男女問題に関する専門チームが対応させていただきます。専門チームでは、これまで扱ったケース、過去の判例などを共有することでより有効な解決策を検討できる体制を整えています。離婚や男女問題に関しては、感情面のもつれから複雑な事情を抱えているケースが多いです。離婚や男女問題の実績豊富な弁護士や法律事務所であれば、早期解決できる可能性が高くなります。豊富な経験と知識を有する専門チームがあなたの離婚問題を解決いたしますので、まずはご相談ください。

京都府・京都市内で離婚に関して法律相談をしたい方は、ベリーベスト法律事務所京都オフィスへご相談ください。専門チームが、なるべくお客様のご希望に沿った形で解決できるように、全力でサポートいたします。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

京都オフィスの主なご相談エリア

京都市中京区、京都市北区、京都市上京区、京都市左京区、京都市東山区、京都市山科区、京都市下京区、京都市南区、京都市右京区、京都市西京区、京都市伏見区、福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町、綴喜郡宇治田原町、相楽郡笠置町、相楽郡和束町、相楽郡精華町、相楽郡南山城村船井郡京丹波町、与謝郡伊根町、与謝郡与謝野町にお住まいの方

ページ
トップへ