電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

遺産相続を
京都の弁護士に相談

遺産を受け取る方

遺産を残す方

相続・遺言問題をベリーベスト法律事務所に依頼するメリット

弁護士、税理士、司法書士によるワンストップサービス

ベリーベスト法律事務所には弁護士、税理士、司法書士が在籍しており、遺産相続に関する全てがベリーベストグループ内で完結する、真のワンストップサービスをご提供しております。
遺産相続に係る手続きは非常に複雑で、それぞれの専門家は多岐に渡り、通常ですとお客様がすべての専門家と個別にお話を進めていただくことになります。しかし、ベリーベスト法律事務所 大阪オフィスでは、各専門家と情報共有を行いますのでお客様のお手を煩わせることなく問題解決へと導きます。

一般的な相続手続きの場合

一般的な相続手続きの場合

ベリーベスト法律事務所ワンストップサービスの場合

ベリーベスト法律事務所の場合

遺産相続のトラブルでお困りのことはございますか?

  • ・遺産分割協議書の作り方が分からない。
  • ・全く面識のない人が、相続人だといって現れて困っている。
  • ・とにかく仕事が忙しい。面倒な手続きは誰かにしてもらいたい。
  • ・親が、離婚再婚を繰り返している。前妻の子に、連絡するのが気が進まず、手続きが進められない。
  • ・結婚はしているが、子供に恵まれなかった。夫が亡くなって自分一人になった時にどうしていいかわからず不安である。
  • ・夫が亡くなり、いろいろとお金が必要になったので、銀行に行ったところ、預金が引き出せず困った。
  • ・自分で、手続きを進めてようとしているが、役所の窓口で、足りない書類を指摘されてどうしていいかわからない。

このような、お困りごとをかかえていらっしゃる方はいらっしゃいませんか?

相続争いや遺産分割協議のトラブルなら弁護士にご相談ください

相続争いは、他人事ではありません。我が家に限ってというのは通用しないのです。
相続というのは、一生に何回もあるわけではない、まとまった金額が手に入る機会です。
そういった時に、相続争いのトラブルに見舞われるのは、実はよくあることなのです。
また、相続の際は、遺産分割協議というものをしなければなりませんが、これも、トラブルの元なのです。
同じ親からうまれたきょうだい同志とはいえ、考えていることがみな同じだとは限りません。
そうなると、当事者だけではいつまでも遺産分割協議が進みません。そういった時は、まずは弁護士にご相談ください。
弁護士は、法律のスペシャリストです。ベリーベストの弁護士に、ご相談くだされば、法律に照らして客観的な立場から、それぞれのケースに応じた最善の解決方法をご提案させていただきます。

法律相談40万件以上の豊富な実績と日本全国対応

ベリーベスト法律事務所は、全国各地にオフィスを有しておりますので、これまでの法律相談は、40万件以上に上ります。また、解決までのノウハウは、全店舗の弁護士で共有しておりますので、よりベストな解決方法のご提案をさせていただけます。

京都府・京都市内で相続・遺言でお悩みの方へ

京都府・京都市内で相続に関するお悩みをお持ちの方は、ベリーベスト法律事務所京都オフィスにご相談ください。ベリーベスト法律事務所では、できるかぎりお客様のご負担を少なく相続手続できるようにサポートいたします。

相続は、大切な方が亡くなってしまい、計り知れない悲しみのなか、法律上の煩雑な手続を行う必要があります。相続は、やらなければいけないことも多く、残された家族の方だけでは大変な手間がかかっていまいます。わたしたち専門家は、そのご負担を少しでも軽くできるようにサポートさせていただきます。

よくある相続トラブルのひとつとして「遺言に納得できない」というものがあります。 特に、子どものうち「1人にすべてを相続させる」旨の遺言の場合ですが、法律では、法定相続人対して、最低限度の遺産の取り分が確保されています。これを遺留分減殺請求といい、法律上の遺留分割合に基づき、相続財産を請求することができます。

また、相続財産を残す方から「将来の相続争いが心配」というご相談をいただくことが多いです。
当事務所では、お客様のご意向をふまえつつ、法律的観点から将来起こりうるトラブルを回避できるように遺言書の作成をお手伝いさせていただきます。遺言書にはいくつか種類があり、大きく分けて「普通方式遺言」と「特別方式遺言」のふたつの種類があります。 「普通方式遺言」の中のひとつ「自筆証書遺言」の場合は、全文を手書きで書かなければいけないというルールがあります。これは民法968条に、「遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない」との規定があるためです。
これ以外にも、ワープロや代筆にて記載する方法(秘密証書遺言)もなどもありますが、遺言書にはすべてで5種類の方式がありますので、なるべくご自身に合った方式を選択する必要があります。
また、生前にできる限り専門家などに作成を依頼しておけば、遺言書が無効になるリスクや後のトラブルを回避することは可能です。税金対策なども同時に相談しておくことで、大切なご家族に出来る限りの財産を残すこともできます。

相続の手続きに関して、ベリーベスト法律事務所ではワンストップサービスを実現しています。 ワンストップサービスとは、弁護士はもちろんのこと、相続に精通した税理士・社会保険労務士・司法書士が連携して対応することです。一般的に、相続の手続きについては、お客様ご自身ですべての手続きを実行するか、各専門家に相談した上で別々の窓口で手続きの代行を依頼することになります。しかし、当法律事務所では、すべてをひとつの窓口に集約することで、お客様のご負担を極力減らすサービスを考えました。実際の相続で問題になるのは、法律の問題だけではありません。切っても切り離せない税金の問題など多方面での知識・手続が必要になります。相続に必要となる専門家が連携することにより、ご依頼ひとつですべての手続を完成させることが可能となるのです。

また、ベリーベスト法律事務所には相続専門チームがありますので、チーム内で、法律や税金、不動産の問題など相続に関するあらゆる問題を検討するため、効率的な相続対策を打つことが可能です。お客様のご意向をできる限り反映した上で相続のお悩みを解決いたします。 ベリーベスト法律事務所京都オフィスでは、初回相談が無料となっております。現在の財産状況やご家族の状況をお伺いさせていただき、最適な解決策ご提案させていただきます。まずは、お気軽にご相談ください。 京都府・京都市内で遺産相続に関する法律相談をしたい方は、ぜひベリーベスト法律事務所京都オフィスまでお問い合わせください。少しでもお力添えできるよう全力でサポートいたします。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

京都オフィスの主なご相談エリア

京都市中京区、京都市北区、京都市上京区、京都市左京区、京都市東山区、京都市山科区、京都市下京区、京都市南区、京都市右京区、京都市西京区、京都市伏見区、福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町、綴喜郡宇治田原町、相楽郡笠置町、相楽郡和束町、相楽郡精華町、相楽郡南山城村船井郡京丹波町、与謝郡伊根町、与謝郡与謝野町にお住まいの方

ページ
トップへ