電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

当事務所の介入により示談金額が約300万円アップ!事故時無職の逸失利益を獲得!

  • CASE18
  • 2017年04月10日更新
男性
  • 40代
  • 男性
  • パート・アルバイト
  • その他
  • ■後遺障害等級11級7号
  • ■傷病名第二腰椎圧迫骨折
  • 保険会社提示額405万1325円
  •  
  • 最終示談金額700万円

ご相談に至った経緯

Iさんが横断歩道を歩行していたところ、右折しようとした乗用車が前方不注意で突っ込んできて衝突。Iさんは全身を強打し、第二腰椎圧迫骨折を始め、全身に重度の怪我を負ってしまいました。

ご相談内容

事前認定により11級7号の後遺障害認定がなされ、賠償額の提示が保険会社からなされた段階でご相談いただきました。 「保険会社の提示してきた賠償額の提示が果たして妥当なものなのか否か」というのが相談の主な内容でした。

ベリーベストの対応とその結果

弁護士と交通事故専門チームの医療コーディネーターが協力し「そもそも認定されている11級7号が適切な認定なのか」ということを確定するために、カルテの取り寄せを行いつつ顧問医にも協力を仰ぎ、所内で検討しました。
結果として認定は適切であるとの結論に至りましたが、事前認定により低い等級が認定されてしまっていることも少なからずあることから、注意が必要でした。

次に、示談交渉においては、事故当時、定年退職により無職であったIさんの逸失利益が争点となりました。 逸失利益というのは、労働能力が喪失したことにより収入が減少することを前提とする損害ですので、定年退職後、年金生活で収入がない場合などには、逸失利益は発生していないと考えるのが通常です。 しかし、本件においては、Iさんが定年退職後に求職活動をしていたことを主張し、賃金センサスを調整する形で、割合的にではあるものの逸失利益を認めさせることができました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

京都オフィスの主なご相談エリア

京都市中京区、京都市北区、京都市上京区、京都市左京区、京都市東山区、京都市山科区、京都市下京区、京都市南区、京都市右京区、京都市西京区、京都市伏見区、福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町、綴喜郡宇治田原町、相楽郡笠置町、相楽郡和束町、相楽郡精華町、相楽郡南山城村船井郡京丹波町、与謝郡伊根町、与謝郡与謝野町にお住まいの方

ページ
トップへ