電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

職場の女子更衣室に隠しカメラを設置して盗撮。示談を成立させて不起訴となりました。

  • cases596
  • 2020年07月08日更新
男性
  • 男性
  • 性・風俗事件
  • ■犯罪行為 迷惑防止条例違反
  • ■罪名 盗撮
  • ■解決結果 不起訴

事件発生の経緯

Bさんが職場の更衣室にカメラを設置して盗撮を試みたところ、同僚の女性がカメラに気がつき、職場に報告しました。その後、Bさんが自分の犯行であることを認めたため、会社は警察に報告し、刑事事件として立件され、Bさんは会社から自宅謹慎の命令を受けました。

ご相談~解決の流れ

Bさんが当事務所に相談にいらした際は、自身の犯行をすべて認め、非常に反省をしていました。被害者は会社の同僚だったため面識はありましたが、連絡先は知りませんでしたし、Bさん自ら被害者に連絡するわけにもいかないことから、弁護士を通じて謝罪と示談の意思を伝えたいと考え、当事務所にご依頼いただきました。担当弁護士は、Bさんから謝罪文を預かり、検察官経由で被害者の方の連絡先を伺ったところ、間もなく被害者が代理人弁護士に依頼し、その後は弁護士同士でやり取りをすることになりました。初めは、被害者側代理人から被害者が非常に怒っており、簡単に示談をするつもりはなく、民事裁判も辞さないとの気持ちを伝えられていましたが、最終的にはBさんが会社を退職する決断をされたこともあり、被害者の方にBさんの気持ちが伝わり、示談に応じていただくことができました。その後、検察官に示談の成立を報告し、無事不起訴処分となりました。

解決のポイント

本件は職場内での盗撮で、会社内にBさんの犯行が広がってしまっていたということもあり、復職は難しいという事情はありましたが、まずは被害者に誠意をもって謝罪をしたいというBさんの気持ちと、家族を守るためにもなんとか不起訴処分にしたいと考えて適切な賠償額を提示したことが被害者にも通じたのではないかと思います。被害者が弁護士に依頼をしたことにより、弁護士同士での細かい交渉を重ねる機会を持つことができたことも結果的にはいい方向に働きました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >
メールでのお問い合わせ

京都オフィスの主なご相談エリア

京都市中京区、京都市北区、京都市上京区、京都市左京区、京都市東山区、京都市山科区、京都市下京区、京都市南区、京都市右京区、京都市西京区、京都市伏見区、福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町、綴喜郡宇治田原町、相楽郡笠置町、相楽郡和束町、相楽郡精華町、相楽郡南山城村船井郡京丹波町、与謝郡伊根町、与謝郡与謝野町にお住まいの方

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ